アンチエイジングの気になる情報まとめ

MENU

アンチエイジングのためにはこれ?若々しくなれる食べ物を紹介します!

老化の原因は酸化?

いつまでも若くありたい、という願望は誰もが持っているものだと思います。
特に女性の方は肌のシワやたるみなどが目立つと老けて見えるからなるだけ予防したい、と思っている方が多いでしょう。
ところで、こうした老化はなぜ起こるのでしょうか。
原因は酸素が起こす酸化にあります。
もちろん人間にとって酸素が必要であることは言うまでもありません。
人間は呼吸とともに多くの酸素を吸い込み、そして吐き出しますが、何割かは体内にとどまります。
そして体内に残った酸素は数パーセントは活性酸素という物質に代わります。
この活性酸素というものも決して悪いものではありません。
体内に入り込んだウイルスや細菌を除去することによって健康を保つのが活性酸素の仕事なのですが、体内に取り込まれる酸素が多くなってしまうと、そのぶん活性酸素も増えてしまいます。
そして体内に活性酸素が増えてしまえば本来体にとってなくてはならないタンパク質や細胞膜を破壊してしまい、体を衰えさせてしまうのです。
その結果生まれてしまうのが肌のシワやたるみといった現象で、この酸化をいかに防ぐかがアンチエイジングのコツといえます。

 

 

 

酸化を防ぐには抗酸化成分をもったものを食べましょう

端的に言えば活性酸素さえ体から取り除けば老化は抑えられます。
しかし、活性酸素もまた体になくてはならないものなのですべてを取り除くわけにはいきません。
ではどのようにすれば体内にある活性酸素をバランスよく保つことができるのでしょうか。
大事なのは抗酸化成分が含まれている食べ物を摂取するべきだということです。
抗酸化成分をたくさん体に取り込めば活性酸素は優先的にそちらに向かうため、タンパク質や細胞膜といったなくてはならない体内物質を守ってくれます。
一般的に抗酸化を促す成分はビタミンだとされています。
特にビタミンAは酸化を抑えてくれるだけでなく体の免疫力を高めてくれるので、体を若々しく保つのにとても重要な働きをします。
ビタミンAは元々βカロテンとよばれる緑黄色野菜に多く含まれている成分が体内で変化したことによって生じます。
そのためニンジンやモロヘイヤ、パセリなどを採ればいいのですが、ここで注意したいのがβカロテンは野菜をそのまま食べるとなかなか吸収されないという難点があることです。
βカロテンは油と混ぜれば効果的に摂取できますが、同時に気を付けたいのがサラダ油は酸化を促しやすい脂肪酸が入っていることが多いので、抗酸化を促すオリーブオイルで調理した方がよりアンチエイジング効果が高まります。

ポリフェノールは若返り効果絶大!

ビタミンのほかに抗酸化効果が高い成分にポリフェノールが挙げられます。
ポリフェノールのポリとはそもそも「いっぱいの」という意味があり、学術的にはいっぱいのフェノールが含まれている、という意味の言葉なのです。
このフェノールが活性酸素を捕まえてくれるのですが、ではこのポリフェノールはどんな食品に含まれているのでしょうか。
真っ先に挙げられるのがワインです。
ワインの原料となるブドウには様々な種類のポリフェノールが含まれており、お茶で有名なカテキンやブルーベリーで有名なアントシアニンなど、健康にいい成分がたくさん摂取できるのです。
とはいえ、お酒が苦手だからワインはちょっと飲めない、という方もいらっしゃるでしょう。
そんな方にお勧めなのがコーヒーです。
コーヒーは覚醒作用を促すカフェインが入っていることで有名ですが、若返りの効果も期待できるのです。
もちろんブラックが飲めないという方でも砂糖や牛乳を入れてもポリフェノールは損なわれませんし、代わりにココアを飲んでもポリフェノールは摂取することができます。
その他にも活性酸素のバランスをよくする食品として、そばやバナナなどが挙げられます。
どれもおいしく食べられて健康になれる食品ばかりなので、健康になりつつアンチエイジングをするにはぴったりです。

 

アンチエイジングは施術で手軽にできる

シワを解消するさまざまな施術

アンチエイジングを考える際、多くの人が悩むのは見た目の年齢を増加させてしまうシワです。
シワは長年蓄積した紫外線によるダメージや、肌の乾燥が原因だと言われています。
肌のハリや弾力のもとであるコラーゲンやヒアルロン酸などは年齢を重ねるごとに減少するため、加齢によってシワが目立ちやすくなります。
美容外科でできるアンチエイジングとして、代表的な施術の一つがヒアルロン酸注入です。
気になる部分に注入することによって、もともと体の中にあるヒアルロン酸と融合しふくらみを持たせ、シワを目立たなくさせます。
施術は10分程度の時間で、施術後はメイクをして帰ることもできるため日常生活に支障をきたす心配も少なく、手軽にできる美容医療治療として人気を集めています。
ヒアルロン酸注入のほかにも、目じりのシワや眉間のシワなど筋肉を動かすことによってできるシワに適したボトックスがあります。
ボトックスはヒアルロン酸と同じく、気になる部分に注射する形で治療が行われます。
最近では血液中の血小板の働きを利用して細胞を若返らせ、シワやたるみを改善するPRPと言う治療法を導入しているところもあります。
ほかの施術と比べて施術後の膨らみやしこりなどが抑えられ、持続期間も長く、手軽に受けられるとして注目されている治療法です。

シミのアンチエイジングケア

顔に出る加齢現象の一つとして、気になるのがシミです。
シミは長年紫外線を浴びることによって、肌にダメージを受けたことが主な原因となって発生します。
肌を守ろうと過剰生成されたメラニンが滞留し、色素沈着して現れたものがシミです。
一般的にシミの治療は、シミにレーザーを照射することによって行われます。
レーザーは色素にだけ反応し、原因となっているメラニン色素細胞を破壊します。
照射後はかさぶたができますが、一週間から二週間ほどでかさぶたが自然と剥がれて、約一カ月ほどで周囲の肌の色に馴染んで行きます。
レーザー治療と言ってもレーザーの種類にはさまざまなものがあり、シミの原因によって使用するレーザーも異なります。
YAGレーザーは、紫外線が原因となってできる老人性色素斑に効果が期待でき、一回の照射で治療が可能な施術です。
色の濃い、深いシミに効果を発揮すると言われているのはQスイッチルビーレーザーで、ピンポイントのシミの治療にも最適だと言われています。
ほかにも顔全体のくすみに最適なレーザーなど、さまざまな種類があります。

 

神成美容外科でのコースを詳しくしりたいならこちら

 

顔全体を若々しくする施術

肌のたるみが気になってきたり、顔のくすみが気になるなど、シミやシワのほかにも年齢を感じる悩みは多くあります。
全体的な肌のたるみに効果が期待できるのは、リフトアップと言う施術です。
一般的にリフトアップは糸を顔に挿入して、肌を全体的に引き上げる方法で行われます。
糸を挿入すると聞くと手術が必要なイメージですが、ほとんどの場合メスを使って切開することはなく、細い針を使って挿入するため手軽に受けることができます。
顔全体のくすみが気になるなど、全体的な美肌を目指すのに最適なのはフォトフェイシャルと呼ばれる施術です。
フォトフェイシャルは顔全体に光をあて、くすみだけではなく、シミやシワ、そばかすやニキビ跡に効果を発揮すると言われています。
特殊な光が肌のコラーゲン合成を活性化させ、内側から肌全体を若々しく、美しくすることが期待でき、また一般的なレーザーよりもマイルドな治療法で、肌へのダメージや副作用が少ないのが特徴です。
施術後もメイクして帰宅できることがほとんどなので、手軽に受けられる安全性の高い施術として注目されています。
施術時間も短く、シワやシミ、たるみやくすみなど、メスを入れず手軽にアンチエイジングできる方法は増えています。

 

更新履歴