内側からと外側からのアンチエイジング

MENU

内側からと外側からのアンチエイジング

お顔のシワやたるみはお体の老化のサイン

お顔のシワやたるみが気になるからと、せっせと情報を集めて高い化粧品を片っ端から試すという方もいるかもしれません。
もちろん、高級なコスメやアンチエイジング専用のクリームなどにはそれなりの効果が期待でき、お肌の潤いアップやハリの回復、シワの改善やリフトアップなどに役立ちます。
ですが、ちょっと考えてみましょう。
お顔の老化が進んでいるということは、体全体も老化が始まっているという目に見えるシグナルであり、老化を目に見える形で警告してくれるメッセージではないでしょうか。
体の皮膚というのは1枚の皮で繋がっているので、お顔がたるんだり、シワができたということは二の腕もたるんだり、シワがより、お尻もたるんでシワシワになっていくことのサインです。
お顔は毎日のように鏡を見るので気付きやすい部分ではありますが、もしお顔が気になった際には体全体のお肌もチェックする必要があります。
いつまでも若々しい体をキープし、ハリとツヤのあるお肌を保って、年齢よりも若く見せたいならば、お肌だけでなく、体全体のアンチエイジングが大切になってきます。
そのためには、高級コスメで外側からケアをするだけでなく、お体の内側からもケアを行い、老化の防止や進行の抑制、老化が進んでしまった状態からの脱却や回復、改善を目指しましょう。

 

 

 

体の老化を防ぐには

体の老化を防ぐためには、しっかり食べることと眠ること、そして運動がカギを握ります。
特に年齢とともに体を動かす機会が減り、運動不足になってくると代謝が低下して太りやすくなるだけでなく、ウエストラインがぼてっとして、いわゆる中年太りになったり、お尻が下がってスタイルが悪くなったり、二の腕がたるんだり、バストの形も崩れて、若い頃のようなプロポーションからどんどん遠ざかっていきます。
太っている、痩せているを問わず、加齢とともに体全体のハリや弾力がなくなり、全身が萎んだり、たるんだりしてきて、おばさん体型やおばあさん体型になっていきます。
体のラインが出やすいワンピースやタイトスカートや細身のパンツルックなどを無意識のうちに遠ざけるようになり、ぺたんこ靴や運動靴、サンダルで歩いていませんか。
それは体型が変わったサインであり、ダボっとしたチュニックやトレーナー、カーディガンとゴムのパンツやスカート、体型を隠せるワンピースを身に着け、ストッキングにハイヒールといったスタイルからも遠ざかっているなら、少し体を鍛えましょう。
腹筋や背筋を意識し姿勢をシャンとしながらのウォーキングをはじめ、楽しく続けやすいフラダンスや社交ダンスなどのダンスや、ピラティスやヨガなどのストレッチや、水泳やアクアビクスなど浮力を利用し、全身の筋肉を動かせる運動を始めましょう。
定期的に行うことで筋力がアップし、体の老化防止や介護予防にも繋がりながら、ヒップアップやウエストの引き締めやぽっこりお腹の引っ込め、均整の取れた体作りが目指せます。

お肌の老化を防ぐには

お肌の老化を防ぐには食事、睡眠、運動の3つの要素を基本に生活習慣から見直して、体内から若々しさをキープすることが肝要です。
食事は食べな過ぎてもシワシワになってお肌が萎んでしまい、たるみやシワが出やすくなりますから、3食を基本にバランスよく、しっかりと栄養とエネルギーを摂取しましょう。
体全体にハリや弾力が出てくれば、自然とお顔のお肌も潤い、ハリやツヤが出てきます。
それでも、お肌の乾燥やくすみなどが気になる場合には、加齢だけでなく、外からの紫外線も影響を与えている可能性があります。
お尻や胸と異なり、常に紫外線や風雨にさらされているお顔は肌ダメージも受けやすいので、内側からのケアとともに、ビタミンCやコラーゲンなどをドリンクやコスメで補ってあげましょう。

 

内側からと外側からのアンチエイジング

お顔のシワやたるみはお体の老化のサイン

お顔のシワやたるみが気になるからと、せっせと情報を集めて高い化粧品を片っ端から試すという方もいるかもしれません。
もちろん、高級なコスメやアンチエイジング専用のクリームなどにはそれなりの効果が期待でき、お肌の潤いアップやハリの回復、シワの改善やリフトアップなどに役立ちます。
ですが、ちょっと考えてみましょう。
お顔の老化が進んでいるということは、体全体も老化が始まっているという目に見えるシグナルであり、老化を目に見える形で警告してくれるメッセージではないでしょうか。
体の皮膚というのは1枚の皮で繋がっているので、お顔がたるんだり、シワができたということは二の腕もたるんだり、シワがより、お尻もたるんでシワシワになっていくことのサインです。
お顔は毎日のように鏡を見るので気付きやすい部分ではありますが、もしお顔が気になった際には体全体のお肌もチェックする必要があります。
いつまでも若々しい体をキープし、ハリとツヤのあるお肌を保って、年齢よりも若く見せたいならば、お肌だけでなく、体全体のアンチエイジングが大切になってきます。
そのためには、高級コスメで外側からケアをするだけでなく、お体の内側からもケアを行い、老化の防止や進行の抑制、老化が進んでしまった状態からの脱却や回復、改善を目指しましょう。

 

 

 

体の老化を防ぐには

体の老化を防ぐためには、しっかり食べることと眠ること、そして運動がカギを握ります。
特に年齢とともに体を動かす機会が減り、運動不足になってくると代謝が低下して太りやすくなるだけでなく、ウエストラインがぼてっとして、いわゆる中年太りになったり、お尻が下がってスタイルが悪くなったり、二の腕がたるんだり、バストの形も崩れて、若い頃のようなプロポーションからどんどん遠ざかっていきます。
太っている、痩せているを問わず、加齢とともに体全体のハリや弾力がなくなり、全身が萎んだり、たるんだりしてきて、おばさん体型やおばあさん体型になっていきます。
体のラインが出やすいワンピースやタイトスカートや細身のパンツルックなどを無意識のうちに遠ざけるようになり、ぺたんこ靴や運動靴、サンダルで歩いていませんか。
それは体型が変わったサインであり、ダボっとしたチュニックやトレーナー、カーディガンとゴムのパンツやスカート、体型を隠せるワンピースを身に着け、ストッキングにハイヒールといったスタイルからも遠ざかっているなら、少し体を鍛えましょう。
腹筋や背筋を意識し姿勢をシャンとしながらのウォーキングをはじめ、楽しく続けやすいフラダンスや社交ダンスなどのダンスや、ピラティスやヨガなどのストレッチや、水泳やアクアビクスなど浮力を利用し、全身の筋肉を動かせる運動を始めましょう。
定期的に行うことで筋力がアップし、体の老化防止や介護予防にも繋がりながら、ヒップアップやウエストの引き締めやぽっこりお腹の引っ込め、均整の取れた体作りが目指せます。

お肌の老化を防ぐには

お肌の老化を防ぐには食事、睡眠、運動の3つの要素を基本に生活習慣から見直して、体内から若々しさをキープすることが肝要です。
食事は食べな過ぎてもシワシワになってお肌が萎んでしまい、たるみやシワが出やすくなりますから、3食を基本にバランスよく、しっかりと栄養とエネルギーを摂取しましょう。
体全体にハリや弾力が出てくれば、自然とお顔のお肌も潤い、ハリやツヤが出てきます。
それでも、お肌の乾燥やくすみなどが気になる場合には、加齢だけでなく、外からの紫外線も影響を与えている可能性があります。
お尻や胸と異なり、常に紫外線や風雨にさらされているお顔は肌ダメージも受けやすいので、内側からのケアとともに、ビタミンCやコラーゲンなどをドリンクやコスメで補ってあげましょう。